広島風お好み焼きと関西風お好み焼きの違いを紹介します。

お好み焼きの焼き方には、大きく分けて二つあります。

一つは鉄板に生地を敷き、その上に野菜や卵、肉などの具材を一品ずつ重ねて焼く方法です。そしてもう一つは、生地や具材をあらかじめボールに全て入れ、その中で満遍なくかき混ぜた後にそれを鉄板に流し込む焼き方です。俗に前者の焼き方を「広島風」、後者を「関西風」のお好み焼きと呼んでいます。

では、なぜお好み焼きの焼き方には二通りが存在するのでしょうか。これには諸説あるようですが、広島風のお好み焼きは戦争で食料が不足した戦後に、少量の小麦粉と野菜を多く使用して作られたのが始まりだとか。その発祥が広島の地であったことから、「広島風」となったそうです。

一方、関西風のお好み焼きは、材料を全て混ぜてから焼きます。憶測ですが、関西の人はせっかちの性格の人が多かったのかも知れませんね。一概には言えませんが、関西地方のタクシードライバーの運転技術をみれば、それも頷ける気がします。

広島風お好み焼きと関西風お好み焼きは、焼き方に違いはあるものの味自体にはそれほどの差を感じることはないでしょう。手早く食べたければ、関西風のお好み焼きをお勧めします。しかしながら、私は具材のひとつひとつを乗せて焼くという一連のプロセスである広島風の焼き方が、お好み焼きの醍醐味であるように感じます。

あなたは、どちらのお好み焼きがお好みですか。ミュゼ 契約 予約

広島風お好み焼きと関西風お好み焼きの違いを紹介します。