長女のミニバスケットボールの講義観戦に行ったこと

次女のミニバスケットボールの班育成を見に行ってきた。翌日が見た目戦なので、コーチの講習も高温があった。ミニバスケットボールでは、地域ディフェンスが阻止と達する。マンツーマンディフェンスをお互いにするのだが、そうすると1対1の風景が多くなり、意外と個人の技能や体格が品物をいうようになる。しかし、うちの班は体格の小さい子が多いし、高学年が数少ない。1対1で相対されると必ずしも取り分が小さい。そのため、スクリーンプレイを使った2対2のチャンスを作って攻める育成を行っていた。祖の育成を見ていて、正直、焼きもちした。焼きもちといううたい文句は、大げさかもしれないが、せめて羨ましいと思った。自分の学生時代に、あのように講習をうけたかったと思った。子供たちも怒られながらも、何パタンもスクリーンプレイからの併せ遊びを練習して、これを明日の見た目戦で実践できると良い結果が生まれると想う。勝ち進み3程までに、はいるとトロフィーやメダルをいただけるとのポイント。主人たちの誇りにもなるので、良い結果で終われると良いなと思った。すっぽん小町 Amazon

長女のミニバスケットボールの講義観戦に行ったこと