広島風お好み焼きと関西風お好み焼きの違いを紹介します。

お好み焼きの焼き方には、大きく分けて二つあります。

一つは鉄板に生地を敷き、その上に野菜や卵、肉などの具材を一品ずつ重ねて焼く方法です。そしてもう一つは、生地や具材をあらかじめボールに全て入れ、その中で満遍なくかき混ぜた後にそれを鉄板に流し込む焼き方です。俗に前者の焼き方を「広島風」、後者を「関西風」のお好み焼きと呼んでいます。

では、なぜお好み焼きの焼き方には二通りが存在するのでしょうか。これには諸説あるようですが、広島風のお好み焼きは戦争で食料が不足した戦後に、少量の小麦粉と野菜を多く使用して作られたのが始まりだとか。その発祥が広島の地であったことから、「広島風」となったそうです。

一方、関西風のお好み焼きは、材料を全て混ぜてから焼きます。憶測ですが、関西の人はせっかちの性格の人が多かったのかも知れませんね。一概には言えませんが、関西地方のタクシードライバーの運転技術をみれば、それも頷ける気がします。

広島風お好み焼きと関西風お好み焼きは、焼き方に違いはあるものの味自体にはそれほどの差を感じることはないでしょう。手早く食べたければ、関西風のお好み焼きをお勧めします。しかしながら、私は具材のひとつひとつを乗せて焼くという一連のプロセスである広島風の焼き方が、お好み焼きの醍醐味であるように感じます。

あなたは、どちらのお好み焼きがお好みですか。ミュゼ 契約 予約

広島風お好み焼きと関西風お好み焼きの違いを紹介します。

そろそろ気候条件に合わせた働き方を考えてみたいという話

日本は亜熱帯と言われ出して久しいですが、その通り明らかに夏はおかしいほどの暑さです。それだけでなく、日ごとに寒暖の差が激しすぎたり、冬にはあまり寒くなり切らないか又はいきなりグッと寒い日が突然現れるかだったり、一年を通して非常に過ごしにくくなってきたんじゃないかと思います。

これじゃ体調管理も何もあったものではありません。どう対策していいか分からない時もあるし、対策が分かっている事柄でも急にこうなったのでは間に合いっこないと言いたくなる時もあります。こんな最中に、いつまでも昔の働き方のままを続けながら「体調管理も義務なので」と言われ続けるのは辛い気がします。気候が厳しい時や、体調がままならなくなった時はリモートワークで対応できるように変わっていってくれればというのが今現実的にイメージ出来る対策でしょうか。

そこら辺の根本的な改革は、担当の上の人がやってくれられない限りどうしようもないことではありますが、それらが固まるまではせめて、「大変ですよね」とか、「皆そうですよね」といった人への思いやりの気持ちをもっていたいものだなと思います。脱毛 期間

そろそろ気候条件に合わせた働き方を考えてみたいという話